物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ARROWS X F-02Eを購入しました

ドコモのケータイ補償 お届けサービスは注意が必要なようです でF-02Eを購入することを検討しました。

結構前からF-02Eの新規一括0円があり、店によってはキャッシュバック付き、2台同時でさらに増額などがありました。

購入を検討していたのですが、購入しようと決めた時には販売を終えた店が多くなっていました。
そんな中で、XperiaZを購入した店で最後の一台があったので、黒を購入しました。

とりあえず初期設定を行ったのですが、XperiaZと比べるといくつか使いにくいところがありました。

卓上ホルダ
・本体は黒なのに卓上ホルダが白
・縦におくため、充電しながら動画を横で見れない
・本体を覆う部分が大きいため、ホームボタンなどが利用できず、最下段のアイコンも利用しにくい

パターンロック解除を指定しても、ロック解除をクリックしてからパターンロック解除をする必要があるため、2段階の操作が必要となる

通知パネルの設定スイッチで入れ替えられる機能に、モバイルデータのon/offが無い

ロッドアンテナがあるので、ワンセグは使いやすい

イヤホンジャックがオープンなので使いやすい


新規契約のSIMで設定しましたが、予備機としてXperiaZのSIMで再設定することを考えています。

スポンサーサイト

PageTop

ドコモのケータイ補償 お届けサービスは注意が必要なようです

XperiaZ SO-02Eを利用しており、ケータイ補償 お届けサービスに加入しています。

紛失や故障時には、電話で申し込むことで、1~2日以内に、同一機種・同一カラーの携帯電話(リフレッシュ品・新品電池含む)を届けてくれるサービスです。
1年以内に2回まで利用可能で、1回目:5,250円、2回目:8,400円 の料金がかかります。

問題は注意点として下記が設定されていることです。
・同一機種・同一カラーの電話機のご提供が在庫不足などにより困難な場合は、別途当社が指定する機種またはカラーの携帯電話とします。

この別途当社が指定する機種が問題で、サービスを利用された方には、Galaxy Note II SC-05Dなどの1世代前の機種から選んでほしいといわれたそうです。
Xperia Z SO-02E、リフレッシュ品すら在庫切れで「ケータイ補償 お届けサービス」に不満の声 : スマホ口コミ速報
docomo Xperia Z SO-02E、携帯補償お届けサービスで別機種交換となる場合も | リンゲルブルーメン
リフレッシュ在庫切れ - ソニーモバイル - Xperia Z SO-02E docomo | 投書箱.jp
価格.com - 『水没』 ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z SO-02E docomo のクチコミ掲示板

リフレッシュ品であるからには、在庫がないことにはどうしようもないのは分かりますが、5インチのFull HD解像度からXperiaZを選択したので、せめて同等品以上でないとサービスとしては利用できません。

プレミアムクラブに加入していれば、水濡れ・全損(内部基板の変形・破損)・改造(ソフトウェアの改造も含む)による故障以外を5,250円以内で修理できる修理代金安心サポートがあります。
ただ、一番発生しやすい水濡れ・全損(内部基板の変形・破損)が対象外なのがネックです。

XperiaZと同一世代で5インチFull HDのF-02Eが、新規一括0円とかで販売されているので、予備機として購入してケータイ補償 お届けサービスをやめることを検討しています。

PageTop

11aのWDSでKernel Panicが発生する原因

proファーム:DD-WRT Professional Firmware 19154. では11aのWDSが使えました ので、このバージョンに近いdd-wrtをインストールしてみました。

03-19-12-r18777 を純正ファームのWeb管理画面から書き込んだところ、再起動を繰り返して利用できませんでした。

06-06-12-r19327 では、問題なく起動してWDSも利用できました。

07-24-2013-r22118 でも11aのWDSはKernel Panicが発生しました で通信が発生した時にKernel Panicが発生するのですが、今回書き込んで試したところ、Web管理画面のいくつかにアクセスすると発生しているようです。

特に、トップページにアクセスすると発生するため、通信が発生した時に発生したと思っていました。
Kernel Panicが発生するページの一部?
http://IPアドレス/
http://IPアドレス/Info.htm
http://IPアドレス/Status_Wireless.asp

Kernel Panicが発生しないページの一部
http://IPアドレス/Diagnostics.asp
http://IPアドレス/Wireless_WDS-ath0.asp
http://IPアドレス/Upgrade.asp

これから考えると、Wireless関係の情報を集める処理で問題が発生して、Kernel Panicが発生するようです。

Kernel Panicが発生しないページにアクセスすることで、管理することが可能です。

ただし、STPでrootブリッジが自分自身のままになってしまう問題があるため、WDSで2台以上に接続するとブロードキャストストームが発生してしまいますので、Web管理画面のとあわせて使い方に注意が必要です。

PageTop

proファーム:DD-WRT Professional Firmware 19154. では11aのWDSが使えました

WZR-HP-AG300HへUSファームやproファームの書き込みで、proファームを書き込んだので、いろいろと設定してみました。

他に使っているdd-wrtと同じ設定をしていったのですが、11aのWDSも含め問題なく利用できました。

dd-wrtではproファームと同じバージョンの19154が提供されておらず、近いバージョンでは 03-19-12-r18777 と 06-06-12-r19327 となります。

次は、このバージョンであれば11aのWDSが使えるか、テストすることにします。

PageTop

WZR-HP-AG300HへUSファームやproファームの書き込み

デバッグモードによるファーム書き込みでWZR-HP-AG300HをWZR-600DHPに変身 で、いろいろなファームをWeb管理画面から書き込む方法がわかる前に、USファームやproファームを書き込んでみました。

デバッグモードでリージョンをUSに変更して再起動することで、日本語ファームのWeb管理画面からでもUSファーム1.79を書き込むことができました。

再起動後、Web管理画面にアクセスしたところページが表示されず、デバッグモードも表示されませんでした。
リセットボタン長押しにより初期化することで、Web管理画面もデバッグモードも利用できるようになりました。

Web管理画面からproファーム:DD-WRT Professional Firmware 19154. を書き込んだところ、問題なく書き込むことができました。

再起動後は通常のdd-wrtと違い、192.168.11.1のままでした。
また、Wireless設定にAOSS/WPSタブがあり、利用することができるようです。

つづきを表示

PageTop

デバッグモードによるファーム書き込みでWZR-HP-AG300HをWZR-600DHPに変身

【無線LAN】DD-WRT【強化ファーム】8 に、デバッグモードに入り、リージョンをUSにすると、管理画面の下にリンクが表示され、ファームアップ画面からいろいろなファームをインストールできるとの情報がありました。

dd-wrtベースのproファームや、WZR-HP-AG300HにWZR-600DHPのファームを書き込むことができるそうです。

いろいろ試していたのですがリンクがどこに表示されるか分からず調べていたところ、下記ページにて表示させる方法が書かれていました。
WZR-HP-AG300Hのファームウェア - iketec's diary

これによると、
・デバッグモードにログイン
・そのままURLを書き換えてWeb管理画面にアクセス
・管理タブを開く
だけとのことでした。
調べていた時に、別々のブラウザでデバッグモードとWeb管理画面にアクセスしていたため、表示されなかったようです。

セッション情報とかCookieとかで判断しているかと思いましたが、単にデバッグモードにログインするbufpyアカウントでWeb管理画面にアクセスすることで表示されるようで、直接Web管理画面を開きbufpyでログインするとリンクが表示されました。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。