物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

07-24-2013-r22118 の11aにはiPhoneで接続できました

iPhoneで11aに接続できませんでした ので、いろいろとテストをしてみました。

まず純正ファームで試したところ、問題なく11aで接続できました。

07-24-2013-r22118 を書き込んだ時に試したところ、iPhoneが11aで問題なく接続できました。

しかし、12-07-2011-r17967 に戻した時にデフォルト設定で試したところ、11aで接続できませんでした。

このことからすると、WDS設定が影響しているのでなくバージョンによっては接続できない、ということのようです。

とりあえず11gnで接続できるので、11aのWDSが問題なく使えるようになりファームをアップデートできるようになるまでは、11gnで使うことにします。

スポンサーサイト

PageTop

07-24-2013-r22118 でも11aのWDSはKernel Panicが発生しました

WZR-AG300HのWDS設定でKernel Panicを発生する状態 ですが、07-24-2013-r22118 がリリースされたので試してみました。

Web管理画面からアップデートすると、Kernel Panicが発生するのは変わりませんでした。

純正ファームを書き込んでから再度書き込み、APでなくWDS APに変更してから11a側のWDS設定を行うと、やはりKernel Panicが発生しました。

ただし、通信が発生していない状態だとKernel Panicが発生せず、Web管理画面にアクセスしたりPingを飛ばすとKernel Panicが発生するようです。

PageTop

DynDNSの登録ホストが消えていました

DynDNS.comのFreeでは2台まで無料でした のように、OpenVPNで接続するためにDynDNSを利用しています。

火曜日にOpenVPNで接続しようとしたところ、DNS LookUpで止まってしまい接続できませんでした。
モバイルデータ通信が不安定なのかと思い、別の場所に移動した時に再度試しましたが接続できませんでした。

PCからnsookupにてIPを確認しようとしたところ、ホストが見つからないとなりました。

自宅に帰ってDynDNSのサイトにアクセスしたところ、問題なく表示されログインも出来
ました。

dd-wrtのDDNSステータスを見たところ、下記のように登録できないとなっていました。
---
Thu Jul 25 11:15:19 2013: W:INADYN: Error validating DYNDNS svr answer. Check usr,pass,hostname! (HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 25 Jul 2013 02:15:19 GMT
Server: Apache
X-User-Status: free
Content-Type: text/plain
Accept-Ranges: none
Connection: close

nohostd>Current IP Address: IPアドレス
---

DynDNSサイトで現在の登録IPアドレスを確認したところ、ホスト登録が2個とも無くなっていました。
再度ホスト登録を行うとOpenVPNでアクセスできるようになりました。

なぜホスト登録がなくなったのか不明ですが、前回月曜日にdd-wrtを再起動後チェックしていなかったのですが、その時点ですでになくなっていたようです。

PageTop

iPhoneで11aに接続できませんでした

iPhone5を入手したので、家の無線LANに接続することにしました。

11g/nには接続できたのですが、11aでは接続できませんでした。

MACアドレスフィルタには11g/nと同じMACアドレスを登録してあり、念のため、SSIDステルスとMACアドレスフィルタも無効にしましたが、接続できませんでした。

SSIDは11g/nのものに「a」を付加しただけですし、WPA2のShared Keyも同じものを使用していますので、差がないはずですが、接続できませんでした。

もう少し調べていくことにします。

PageTop

softbankのiPhone5で一括0円はフラット契約の継続が必須でした

iPhoneをいじってみたいのと、softbankのホワイトプラン目当てで、softbankのiPhone一括0円を探していました。

フタット契約が条件で行っている店がいくつかあるので契約しようと考えましたが、Internetではフラット契約が変更できないとの情報がありました。

softbankの料金ページを見ても、フラットから2段階への変更に制限があるなどの情報がないので契約に行ってみました。


店の人に後日2段階に変更したい、というと出来るというので契約を始めようとしたところ、店員さんが契約機を操作したあとに変更できないと言われました。
なぜ変更できないのかと聞くと良くわからないとのことでした。

softbankショップでも一括0円をやっているので聞いたところ、やはり変更できないとのことでした。
どうやら、のりかえサポートこみで一括0円、2段階で契約するとのりかえサポートがないため、フラットからの変更ができないようです。

別の店で au のiPhone16GBが一括0円+1万円商品券、32GBが一括0円をやっていました。
softbankとの無料通話がないのですが、データ通信契約の解約ができるためWi-Fiだけで使う場合は格安で利用できます。

auは夏モデルより前の機種では、Androidも一括0円を行っていますが、今回はiPhone目当てなので au で32GBを契約しました。

PageTop

esxi上の仮想マシンでパケットキャプチャするときの注意

ネットワークに流れるパケットをキャプチャする必要があり、esxi上の仮想マシンでWindowsにWiresharkをインストールしてキャプチャをしたところ、ブロードキャスト以外のキャプチャができませんでした。

上位スイッチでルーターのポートをミラーリングしているので、ルーターを経由する通信が全てキャプチャできるはずですが、できない状態です。

Wiresharkのバージョンを変更しても状態は変わりませんでした。

esxiのFirewallは管理コンソールとの通信を制御するだけで、仮想マシンとの通信には影響しないため、これ以外に原因があるはずです。

仮想スイッチの設定を見ていたところ、セキュリティ設定で無差別モードが拒否になっていたので、承諾に変更したところキャプチャできるようになりました。

セキュリティのため、デフォルトで無差別モードが拒否になっているため、パケットキャプチャする場合は設定変更が必要です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。