物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

brctlコマンドをstartupで利用できました

dd-wrtでのSTP利用に関して で、brctlコマンドをstartupに設定しても反映されませんでしたので、情報を探しました。

DD-WRT Forum :: View topic - Funny thing that WDS には、startupに設定することで反映されるとありました。

startupに設定しているスクリプトを確認したところ、一番最後にbrctlコマンドを追加していましたが、その前にpppoeマルチセッション用に sleep 120 を記述しており、再起動後すぐに確認したためコマンドが実行されていないだけでした。

startupの最初に設定したところ、問題なくbrctlコマンドが実行され、path cost が反映されました。
このため、プライオリティも含めて各機器に設定して問題なく利用できました。

スポンサーサイト

PageTop

dd-wrtでのSTP利用に関して

WZR-HP-G300NHなどを3台WDSで相互接続していました。STPを有効にしているためループはしていませんが、通信経路が自動で制御されているため、TVとHDDレコーダー間の通信が、接続しているWZR-HP-G300NH間のWDSでなく、他のWZR-HP-G300NHを経由していたりします。

WZR-HP-AG300などWDS接続する台数が増えたのですが、11aを優先して使いたいため、STPの調整を行うことにしました。
Spanning Tree Protocol - DD-WRT Wiki
DD-WRT Forum :: View topic - Unstable WDS Links

STP:スパニングツリープロトコルは、ネットワークがループしないために、ループしてしまう箇所を利用しないように制御されます。
また、利用中の経路が使えなくなった場合は、ループを防ぐために利用していなかった箇所を利用して、通信を継続できるように制御されます。
スパニング・ツリー完全理解 - Part1--意義スパニング・ツリーとは?どこで何のために使うのか:ITpro
スパニングツリープロトコル、動作の仕組み - @IT自分戦略研究所
スパニングツリープロトコル(概要)

基本的には名称のとおりに、ルートブリッジと呼ばれるブリッジからツリー形状になるようにネットワークが制御されます。
このため、APをWDSでメッシュ接続していても、通信経路がループされないように調整されますが、特定の機器への通信だけこの経路に流すなどはできません。

つづきを表示

PageTop

WZR-HP-AG300のWDS利用可能ファーム

WZR-HP-AG300Hを復旧させました で、もう一台のWZR-HP-AG300が利用できるようになったので、最初の1台をInternet接続用にしてこちらは少し検証に使ってみました。

WZR-HP-G300やWLAE-AG300では、WDS設定を行っているとKernelPanicをおこすので、どのバージョンを使うか検討してみました。

現在使用しているのは、12-07-11-r17967 と 12-14-11-r18007 です。

最新の 03-19-12-r18777 では、WDS設定を行うとKernelPanicをおこしました。
http://www.dd-wrt.com/dd-wrtv2/downloads/others/eko/BrainSlayer-V24-preSP2/2012/03-08-12-r18687/readme.txt によると、03-08-12-r18687以降は大きく変わっているようなので、同じ現象が発生すると考えられます。

12-20-11-r18024 では、WDS設定を行っても問題ありませんでしたが、Turbo($MHz)にすると電波が出ていないのか接続できませんでした。Full(20MHz)にしたところ、接続できました。

このため、当面は 12-14-11-r18007 を使っていくことにしました。

PageTop

WZR-HP-AG300Hを復旧させました

WZR-HP-AG300Hのシリアルコンソール操作ができませんでした で、シリアルコンソールが操作できなかったので、FT232RLを買ってきたところ、操作することができるようになりました。

u-Bootでコマンドを実行してリセットしたところ、純正ファームが起動するようになりました。なにか情報が正常に更新されていなかっただけなのでしょうか。
ar7100> setenv accept_open_rt_fmt 1
ar7100> saveenv
ar7100> reset


tftpでdd-wrtを送り込んだのですが、書き換えできませんでした。
純正ファームのWeb管理画面からdd-wrtに書き換え、純正ファーム1.72をtftpで送り込んだところ、問題なく更新されました。

WZR-HP-G300NHでは WZR-HP-G300NHの復旧作業を行いました のようにdd-wrtファームをバイナリエディタで修正して、u-Boot上でコマンドを使って書き込む必要がありましたので、同じように変更する必要があると考えられます。

Openwrtのようにtftpで書き込めるファームは、setenv accept_open_rt_fmt 1 で書き込めるようになりますが、WLAE-AG300が純正ファームをtftpで書き込めるので、WZR-HP-AG300も純正ファームが書き込めると考えられれば、あわててFT232RLを買わなくてもよかったです。

PageTop

WZR-HP-AG300Hのシリアルコンソール操作ができませんでした

WZR-HP-AG300Hのジャンク品を入手しましたが、DIAG2回点滅のため WZR-HP-AG300Hにdd-wrtをインストールしました では行わなかったシリアルコンソール接続を行ってみました。


本体をあけると、WZR-HP-G300NHなどとは違い、基盤が裏面でセットされていました。
このため、サイドもネットワークケーブル側とLED側がWZR-HP-G300NHとは逆になっています。


11aと11gが同時に使えますが、アンテナ線は基盤から2本のみで接続されていました。


J3にいつものスルホールがあったのでピンヘッダを取り付けて、上からVcc,GND、TX、RXで接続したとこ、コンソールが表示されました。

つづきを表示

PageTop

FusionのIP電話サービスに申し込んでみました

ネットニュースを見ていたところ、Fusionが基本料無料のIP電話サービスを始めていまいしたので、申し込んでみました。

スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART βサービス

今までも個人向けIP電話サービスがありましたが、専用プロバイダに申し込む必要がありましたが、今回のサービスではスマートフォンからの利用できるようにプロバイダ契約などは不要です。

基本料無料、無料対象IP電話とは無料通話、それ以外とは固定電話も含め30秒8.4円です。
ただし、留守番電話、転送機能が無く、通話履歴や課金履歴をWebなどで確認することもできません。


仕事で使っているIP電話は、株式会社 コヴィア・ネットワークス - FleaLine Lite・サービス概要 で、FusionのIP電話と無料通話が可能です。

こちらは月額400円、留守番電話(転送機能有り)100円のサービスですが、固定電話への料金は一般のIP電話同様に3分8.4円で、携帯などが1分16.8円です。


利用目的がFusionのIP電話との無料通話なので、本稼動した場合は月額基本料が無料のこちらに絞ることも考えています。

ただし、IP電話が接続されていない電話番号に書けた場合、話中恩が数回なってすぐに切れてしまい、状況がわかりにくいです。
昔のISDNでアナログ電話がつながっていない番号にかけるとメッセージが流れましたが、あのような方式だとわかりやすいです。

ご意見募集のページがあったので、メッセージが流れるようにして欲しい、留守番電話や転送サービス、通話履歴や課金履歴を見れるようにしてほしいなどを送ってみました。

PageTop

WZR-HP-AG300Hにdd-wrtをインストールしました

WZR-HP-AG300Hを入手しました で、純正ファームのバックアップが行えましたので、dd-wrtをインストールしました。

WDSの問題があるなどから、Internet接続用のWZR-HP-G301NHと同じ DD-WRT v24-sp2 (12/07/11) std - build 17967 をインストールすることにしました。

Web管理画面から、buffalo_to_ddwrt_webflash-MULTI 20110712.bin を書き込むことで、再起動後にdd-wrtが稼動しました。

2.4GHzと5GHzが同時に使えるため、次のような状態でした。

・Wireless Physical Interface ath0 [2.4 GHz] と Wireless Physical Interface ath1 [5 GHz] として別のMACアドレスで稼動
・ath0、ath1のそれぞれに対して、Virtual Interfacesが設定可能
・Security、MACfilterが、ath0とath1で個別に設定可能
・WDSタブは、Ath0-WDSとAth1-WDSと分かれていて、個別に設定可能


MACアドレスの扱いが特徴的で、次のようになっていました。
・LAN MAC、Wireless MAC(ath0)が同じ
・WAN MAC、ath1が同じ

JFFS2を設定すると 516.00 KB / 16.50 MB となりました。

WDS接続をしているWZR-HP-G301NHなどとは、2.4GHzのWDS設定を行うことで相互接続ができました。

5GHzのチャンネルは、DFSの影響がある52、56、60、64でなく、36、40、44、48から選択することにしました。
高速無線LAN情報局

Let'sNoteで11aが使えるので設定しましたが、Windows7のワイヤレスネットワーク設定では、SSIDごとの設定に無線方式を指定できないため、5GHzではSSIDを2.4GHzとは別のものに設定しました。
5GHzのSSIDに接続することで、5GHzによる接続ができました。

WZR-HP-AG300Hをまだ有線で接続していないため、Let'sNoteからInternetなどWDS接続先と通信を行うと、無線LEDが両方点滅して、5GHzと2.4GHzを同時に利用していることが確認できました。


タイミングを見て、Internet接続用WZR-HP-G301NHと入れ替えて、5GHzの利用を開始したいと思います。

PageTop

WZR-HP-AG300Hを入手しました。

WZR-HP-AG300Hを入手しましたが、シリアルコンソール接続は時間がなかったので行わず、純正ファームの取り出しを行いました。

Buffaloのデバッグモードとファームバックアップを行いました でWLAE-AG300からバックアップしたのと同じ方法で行いました。

http://192.168.11.1/cgi-bin/cgi?req=frm&frm=py-db/55debug.html にアクセスして、bufpy/otdpopy+ルートのパスワード でログインし、telnetdを起動してから、telnetで接続しました。

フラッシュ構成を確認すると、次のようになっていました。

# ls /dev/mtdblock
0 1 2 3 4 5 6

# cat /proc/mtd
dev: size erasesize name
mtd0: 00040000 00010000 "uboot"
mtd1: 00010000 00010000 "uboot_environ"
mtd2: 00100000 00010000 "linux"
mtd3: 01e90000 00010000 "rootfs"
mtd4: 00010000 00010000 "user_property"
mtd5: 00010000 00010000 "ART"
mtd6: 01f90000 00010000 "firmware"

つづきを表示

PageTop

bk1がhontoとひとつになりました

ここ6年ほどは、本の購入にオンライン書店:ビーケーワンを利用していました。

いくつかある中からビーケーワンを選んだのは、他のサイトも含め代引きはありましたが手数料がかかるため、コンビニ後払いが手数料なしで利用できたからでした。
クレジットカード決済に切り替えた後は、さらに便利になりました。


ビーケーワンにはお得サービスがいろいろとあり、1ポイント1円として使えるポイントサービスでは、購入価格に数パーセントをポイントとしてもらえました。
それ以上にお得なのは、1万円以上一括購入すると1千ポイントもらえるキャンペーンがほぼ常時行われており、このキャンペーン開始以降は常にまとめて買うようにしていました。

また、3千円以上購入で300円引き、1万円以上購入で500円引きなどのギフト券がメールやサイトで月に数回提供されており、これがあるときに購入するようにしていました。

前年購入総額によるサービスも提供されており、メール便が速達メール便になったり、送料が無料になったり、出荷が早くなる注文の手数料が無料になったりと、いろいろ便利なものがありました。
しかし、このサービスが今年は提供されない、別のサービスを検討している、との連絡がありどうなるか気にしていたところ、5月中旬に電子書籍販売サイト:hontoとひとつになるとの情報が公開されました。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。