物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

setpropによるDNS設定を変更しても、Softbankメール2.5が完全に利用できませんでした

AndroidのDNS処理 で、Android上のコマンド:getprop によりDNS設定を確認する方法がわかりました。
DNS設定を変更することでSoftbankメール2.5を完全に利用できないか調べてみました。

setpropコマンドを利用することで、DNS設定を書き込むことができるそうです。
我楽多録 » Blog Archive » Android エミュレータの DNS 設定 ― その2
[android-porting] Re: ping DNS issue! ping returns "unknown host www.ya
[Think Tank] Cache DNS Requests on Android to speedup browsing [Archive] - xda-developers


利用できる時のDNS設定
[net.dns1]: [自宅DNSサーバーIP]
[net.dns2]: []
利用できない時のDNS設定
[net.dns1]: [172.24.132.84]
[net.dns2]: [172.24.168.89]

利用できる時と利用できない時のDNS設定の違いから、net.dns1 と net.dns2 に無線LAN利用時の設定を書き込んでみましたが、type-mmsで完全に利用できませんでした。
setprop net.dns1 自宅DNSサーバーIP
setprop net.dns2 自宅DNSサーバーIP

また、net.dns1 と net.dns2 を空にしてもだめでした。
setprop net.dns1
setprop net.dns2

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

nsswitch.confを設定してもSoftbankメール2.5がmmsで完全に動きませんでした

Androidで/etc/hostsを変更する方法 、 AndroidのDNS処理 などで、/etc/hostsを設定することで、type=mmsでSoftbankメール2.5を利用することができませんでしたが、/etc/nsswitch.confを設定することで利用できそうなことがわかりました。

弁財天: AndroidのDNS参照

Androidで/etc/hostsを変更する方法 で/etc/hostsを設定したように、/system/etcに下記のnsswitch.confを設定することで、/etc/nsswitch.confを設定しました。
hosts: files dns

tcpdumpでホスト名が解決されるようになりましたが、type=mmsでSoftbankメール2.5が完全に利用できない状況は変わりませんでした。

PageTop

AndroidのDNS処理

http://monozukisya.blog92.fc2.com/blog-entry-499.html では、/etc/hostsがうまく使われていないようでした。

resolve.confやnsswitch.confなど、Linuxのdns関連のファイルを/etcで探したところありませんでした。

dns処理に関して探していたところ、下記の情報がありました。
C/J Prog's Blog: Android DNSの設定を変更する

これによると、Androidでは net.dns[n].[pid] => net.dns[n] => /etc/resolv.conf の順番でDNSを見るそうです。
[n] : 1-8
[pid] : プロセスID

現在のDNS情報がどうなっているかは、adb shell上で getprop | grep dns を実行することでわかるそうですので、チェックしてみました。

つづきを表示

PageTop

Androidで/etc/hostsを変更する方法

SoftBankメール2.5は、WifFi:off、3G:offで利用可能:3 までで、常時MMSがつけるようにすることがまだできませんでした。

アプリを改修して利用できるようにされた方がいて、そのアプリを送っていただいてインストールしようとしたのですが、インストールがうまくできませんでした。

シュパッとの現行バージョンの説明に、SoftbankのAndroido2.3で、type=mmsでメールエラーが発生するのは、送受信前にDNSアクセスを失敗している、WiFiが有効であれば検索パケットを投げない、という情報がありました。

アプリを改修された方も、情報をキャッシュすることで利用できるようになった、とのことでした。


このため、/etc/hostsにメールサーバー情報などを登録してみました。

つづきを表示

PageTop

SoftBankメール2.5は、WifFi:off、3G:offで利用可能:3

SoftBankメール2.5は、WifFi:off、3G:offで利用可能:2 で、WiFiと3Gをonにしてから再起動することで、WiFi:offでmmsにしてもメールが利用できました。

しかし、3Gをonにして利用してからmmsにすると、メールが利用できなくなりました。

いろいろとテストをしたところ、
・WiFiと3Gがonだと、メールが利用できる
・WiFiを先にoffにすると、メールが利用できなくなる
・3Gを先にmmsにすると、その後WiFiをoffにしてもメールが利用できる
ということがわかりました。

また、WiFiはAPに接続して通信ができない状態では、メールが使えるようになりませんでした。

PageTop

SoftBankメール2.5は、WifFi:off、3G:offで利用可能:2

SoftBankメール2.5は、WifFi:off、3G:offで利用可能 で、APN設定がMMSだと通知は受信しても送受信ができない状態でした。

新しいソフトバンクメール2.5が神アプリ化しつつある件 のコメントにあった、WiFiをonにして端末を再起動したのですが、送受信できないままでしたが、この時は3G:offの設定でした。

WiFiだけでなく3Gもonにして端末を再起動し、メールも利用してからどちらもoffにしたらどうかと考えたので、どちらもonで再起動してメールも利用してからどちらもoffにしたところ、APN設定がmmsでもメールの送受信ができました。

常にWiFi:off、APN設定がmmsですが、どちらもonにしてから再起動してメールを利用後にoffにするようにして使っていきます。

さらに便利な利用方法がないかは調べていくことにします。

PageTop

SoftBankメール2.5は、WifFi:off、3G:offで利用可能

Streakで常にS!メールが受信できるようにしました で、Softbankメール1.6・シュパっと というアプリで、3G接続はoffでも常にMMSが利用できるようにしました。

Softbankメールのバージョンが上がっていきましたが、3G接続かWiFi接続が利用できないとMMSが利用できないため、バージョンアップはしませんでした。

久しぶりにバージョンをチェックしたところ、2.5がリリースされており、メールのバックアップができるようになったとのことでした。
3G接続かWiFi接続が利用できないとMMSが利用できないのが変わらないか調べたところ、利用できるようになったとの情報がありました。
新しいソフトバンクメール2.5が神アプリ化しつつある件

バージョンアップをしたところ、APN設定がmmsのみでも新着メールの通知は届くのですが、受信することができず、送信メールも送ることができませんでした。

つづきを表示

PageTop

WLAE-AG300のWDSはうまく動きませんでした

WLAEAG300でWDS利用ができました で、無線モードをWDS Stationとすることで、WDS設定をしてもKernel Panicを起こさないことがわかりました。

しかし、WDSタブで複数の相手を設定しても、ひとつとしか無線Linkしませんでした。
複数の相手と無線Linkできると考え、無線モードをWDS APに設定したところ、WDSタブが設定してあるとKernel Panicを起こしてしまい、無線モードがAPと同じ状態でした。

また、無線Linkしても通信がすぐにできなくなることがわかりました。バージョンを変更したところ、最初から通信ができないバージョンばかりでした。

最新の03-19-12-r18777では、NG-Miexdで40MHzが使えないままでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。