物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

OpenVPN経由でひかり電話を使うためにiptableの設定を変更しました

dd-wrt 12-07-11-r17967 はいろいろと直っているようです で問題がなかったので、Internet接続用WZR-HP-G301NHもバージョンアップしました。

OpenVPNからLANへの通信は問題ないのですが、WANポートに接続したひかり電話のSIPサーバー:PR-S300NEと通信ができなくなり、利用できなくなりました。

以前のiptable設定では、tun0からbr0への通信のみ許可していましたが、WANポート:eth1に対してNATするように変更したところ利用できるようになりました。
iptables -t nat -I POSTROUTING -s OpenVPN ClientIP -d PR-S300NE IP -j SNAT --to eth1ポートIP

バージョンアップ前でもbr0にtun0が割り当てられていなかったので、なんらかで通信できていただけだと思います。

スポンサーサイト

PageTop

dd-wrt 12-07-11-r17967 では、いろいろと直っているようです

dd-wrt の preSP2 12-07-11-r17967  がリリースされたので、WDSを利用しているWZR-HP-G300NHの2台にインストールしました。

DDNSが問題なく利用できるようになり、PCを接続しても40MHzから20MHzになる現象も解決しているようです。

OpenVPNの動作も問題ないようなので、Internet接続用WZR-HP-G301NHにもインストールしてみる予定です。

PageTop

VMwareConverterのマイナーバージョン

VMwareServer仮想マシンを、VMwareWorkstationに移行しようとして、VMwareConvereter5をインストールしました。
Server仮想マシンをソースに指定したのですが、仮想マシンを認識できないとなりました。

以前、Converter4.3で変換できない仮想マシンをConvereter4.1で変換したことがあるので、Converter4.3と4.1で試したところ仮想マシンを認識しました。

VMwareのダウンロードサイトでConvereter5を見たところ、インストールしたバージョンよりも新しいものが出ていましたので、こちらをインストールしたところServer仮想マシンを認識して、変換を行うことができました。

バグなのかバージョンによりいろいろと動きに違いがあるようです。

PageTop

Windows7での仮想PC利用

WindowsXPではVMwareServerを利用していましたが、Windows7ではVMwareServerを利用することができません。
VMwarePlayerが対応していますが、スナップショットが利用できないため、検証などでは不便です。
また、Playerでは仮想マシンのマルチホームのネットワークを、別のNICに割り当てるなどができません。

フリーソフトでVMwarePlayerのVHDでスナップショットを利用できるようにするものを使うか、スナップショットが利用できるVirtualBOXを使うかなどを検討していました。

Internet上で、VMwareWorkstationをインストールして付属のVMwarePlayerを利用する場合、Workstationでスナップショットをとって仮想マシンはPlayerで使うという方法がありました。
Workstationのライセンスが必要なのは、仮想マシンを起動する時でスナップショット操作では不要とのことです。

試したところ、スナップショットが取得できその仮想マシンをPlayerで利用することができました。

また、マルチホームネットワークも、Workstationのネットワーク設定で個別のNICにVMnetを割り当て、Playerではできなかった仮想マシンへの設定も行うことができました。

これで継続してVMwareで検証を行うことができるようになりました。

PageTop

Windows7からVMwareServerとESX3.5のコンソール利用方法

Windows7からVMwareServerのWebコンソールと、ESX3.5に対応したvIClientのコンソールを利用しようとすると、画面が表示されません。

VMswerServerに関しては、IEの互換表示を有効にしたところ、コンソールが使えるようになりました。


VIClient(vSphereClient)は、ESXと対応したバージョンが動くため、最新バージョンをインストールしてもESX3.5につなぐとVIClient2.5が動作しますので、Windows7でコンソールが表示されません。

ESXにもWebコンソールがあるので、こちらも互換表示を有効にしたところ、コンソールが使えるようになりました。


XPモードや仮想PCから利用しなくてすみましたので、バージョンアップするまでは、このまま利用することにします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。