物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

VMwareからの切り替えホットキーに関して

VMwawrePlayerのマルチモニタへの全画面表示に関して にてXPモードからVMwarePlayerに移行しました。

このときのシステムは、次のようになります。
物理PC--Windows7--VMwarPlayer--WindowsXP--リモートデスクトップ--WindowsXP--VMwareServer--検証システム

検証システムを使用している場合、Ctrl+AltでVMwareServerから入力先を外そうとすると、VMwarePlayerからも入力先が外れてしまい、VMwarePlayerの全画面が解除されてしまいます。

VMwarePlayerのホットキーをVMwareServerと違うものに出来れば、入力先を外すのを個別に行うことが出来ます。
インターネットで調べたところ、次の情報が見つかりました。
ttt: VMware Playerのhotkey(Ctrl + Alt)を変更する
強欲帳: VMware ホットキー(Alt+Ctrl)の変更
sanbarrow.com

これらによると、preferences.iniに設定を書き込むことで変更できるそうです。
ただし、いくつかのキーの組み合わせのみになり、Ctrl・Alt・Shift・Windowsのキーだけということです。

VMwareServerをデフォルトのCtrl+Altで使用しているので、VMwarePlayerはCtrl+Windowsキーにて使用することにしました。
C:\Users\ログオンID\AppData\Roaming\VMware\preferences.ini に、下記を追加しました。
pref.hotkey.alt = "false"
pref.hotkey.control = "true"
pref.hotkey.shift = "false"
pref.hotkey.gui = "true"

これにより、VMwarePlayerをCtrl+Windowsで入力先を外すことが出来るようになり、VMwareServerと分けることが出来るようになりました。

スポンサーサイト

PageTop

VMwawrePlayerのマルチモニタへの全画面表示に関して

XPモードからVMwrePlayer全画面表示へ移行しました にて、VMwarePlayerの全画面表示を使用することにしました。

REX-USBDVIを使用してマルチディスプレイを使っています。
VMwarePlayer3の全画面表示をすると、ひとつの画面だけで全画面となり、マルチディスプレイ全ての全画面となりませんでした。
メニューバーにある複数のモニタをサイクルをクリックしても、二つのモニタの中央に表示されるだけです。

インポートしたXPmodeの仮想PCは、仮想マシン設定の編集を確認すると、ハードウェア>ディスプレイ>モニタでホストの設定を使用になっています。
このため仮想マシンをシャットダウンしてから、モニタ設定を指定でモニタ数を2に設定し、複数のモニタをサイクルにすることで、2画面全体にて全画面表示がおこなえました。
モニタ設定をホストの設定を使用に戻しましたが、今度は2画面全体も出来ました。

これは、仮想マシンが動作した状態(休止状態も含む)では、ハードウェア>ディスプレイ>モニタでホストの設定が更新されないためと思われます。
この設定をすると仮想PC内のXPでも、ディスプレイが2画面として管理されるようになります。
仮想PC内で管理できるディスプレイ数に対して、物理PCのディスプレイ数に全画面表示が出来るようです。

モニタ設定は起動中やハイバネーション中に変更できないので、事前にモニタ数を2に設定するか、ローカルPCが2画面目になっている状態で仮想マシンを停止してから起動する必要があります。

モニタ数を2に設定していても、2画面目が有効でなければ全画面表示は1画面に対して行われるので、この設定をしておくことにします。

PageTop

XPモードでのNetScreenRmote使用に関する注意

Windows7 XPモード でのNetScreenRemote動作とリモートデスクトップ接続とマルチディスプレイでの制限 にて、XPモードをマルチディスプレイで表示し、リモートデスクトップで使用することが出来ました。

ただ、NetScreenRemoteを動作させるとログオンしたままとなり、XPモードのWindowsにログオンしたりローカルPCをシャットダウンするときなどに正常にXPモードが終了しません。
Virus対策ソフトを導入していますが、動作をチェックすると次のようになりました。

通常のアプリケーション(IEやメモ帳など)を起動すると、Virus対策ソフトも同時に動きます。
アプリケーションを終了すると、Virus対策ソフトも一緒に終了し、ログオフします。

NetScreenRemoteを起動すると、Virus対策ソフトも同時に動きます。
NetScreenRemoteのVPN接続を終了してもNetScreenRemoteが動作したままなので、Virus対策ソフトも動いたままでログオンしたままとなります。
NetScreenRemoteのサービスを止める必要があるかと思いましたが、NetScreenRemoteアイコンを右クリックしてRemoveIconを行うとログオフ状態になりました。

これにより、問題なくXPモードにログオンしたりローカルPCのシャットダウンをすることが出来るようになりました。

PageTop

XPモードからVMwrePlayer全画面表示へ移行しました

Windows7 XPモード でのNetScreenRemote動作とリモートデスクトップ接続とマルチディスプレイでの制限 にて、XPモードをマルチディスプレイで表示し、リモートデスクトップで使用することが出来ました。

使用していると次の不具合があり、使いにくいことが判りました。
・リモートデスクトップを使用中に最小化すると、ローカルPCのデスクトップが表示されない場合がある。
・XPモードでアプリケーションを開いた場合、RemoteAppで開かれているのでリモートデスクトップで動いていることになるため、XPモードでリモートデスクトップを使用すると、リモートデスクトップで接続したPCにショートカットキーを送ることが出来ない。Ctrl+Alt+Endを実行すると、XPモードのWindowsセキュリティ画面が表示される。

このため、VMwarePlayer3のユニティモードを試してみました。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。