物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

VMwareServer2のシリアルポートの扱い

仕事でVMwareServer2を使用していますが、シリアルポートの扱いに苦労しました。

VMwareServer2では、Audioも含めていろいろなデバイスが扱えるようになったので、かなり便利になりましたので、NotePCでシリアルポートを二つ使用する仮想マシンを動かそうとして、USB-RS232Cケーブルを接続2本接続しました。

ホストOSであるWindowsXPではCOMxxとして二つ認識していますが、VMwareServerの仮想マシンでシリアルポートを追加しようとすると、PhysicalにCOMxxが表示されません。
VMwareServerのサービスを再起動しても表示されず、OS起動時に接続しておくことでVMwareServerで選択できるようになりました。
VMwareServerが扱うシリアルポートに関しては、OS起動時に接続しておくほうがよいようです。

USBやシリアルポートが必要な仮想マシンがありESXが稼動しているのでそこに乗せようとと思ったのですが、ESXでUSBやシリアルポートなどが使えないので、VMwareServer2で稼動させています。
ESXを動作させているのがサーバーラック内のサーバーマシンなので安定運用ができるのですが、今後使えるようになってほしいところです。

スポンサーサイト

PageTop

OpenWRTのMarvellチップのコンパイル

WZR-AMPG144NHのMarvellチップでwrtを動かそうとして、OpenWRTのコンパイルをいろいろと試しています。

WZR-APMG144NHへのファームウェア書き込み6 で、OpenWRTをMarvell向けにコンパイルできましたが、WANと無線NICが使えませんでした。

WZR-AMPG144NHの無線NICは、Marvell製なのでドライバが無いと考えました。このためWZR-G144Nの無線NICを差したのですが認識しません。
また、menuconfigでもそれらしい無線NICを選択する場所が見つけられません。

OpenWRTのソースサイトを見ていたところ、https://svn.openwrt.org/openwrt/trunk/target/linux/brcm47xx/profiles/ のようにチップディレクトリの下にprofilesディレクトリがあり、その中にあるファイルで無線NICの種類ができるようです。

このディレクトリ内のファイルを、marvell/profilesにコピーして menuconfigを行ったところ、Target Profileの中で無線の種類が選択できるようになりました。

Target System で (Broadcom BCM947xx/953xx [2.6]) を選択したときに、Target Profile が (Broadcom BCM43xx WiFi (default))  になるので、同じものを選択してコンパイルしたのを起動したのですが、WZR-G144Nの無線NICを認識しませんでした。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。