物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

VAIO Type-F のDVDドライブ交換1

2005年12月に購入した VAIO Type-F ですが、DVDマルチドライブの調子が悪くなり、書き込みエラーが発生するようになりました。
購入したオンラインストアで、3年間長期保障に加入していたのですが、PC本体の場合には1回の修理ごとに1万円までは自己負担になることがわかりました。
また、修理は本体後と預けて2週間から1月かかるため、使うPCがなくなってしまいます。
1万円までの自己負担だと、DVDマルチドライブが買えるので、保障を使うと技術料を取られるのと使えない期間を考慮し、自分で交換することを考えました。

本体を開けてドライブを確認することから始めました。
まず、HDDとメモリの部分を開けて、メモリとHDDを取り外します。
次に裏蓋のねじをすべて外して、裏蓋を取り外します。
ドライブがねじで3箇所とまっているので外し、外側にスライドさせることで取り外します。
取り外したドライブを確認すると、UJ-840というものでした。
type-f_back1type-f_hddtype-f_back2type-f_back3
uj-840_1

UJ-840を検索したところ、Panasonic製であることがわかりました。
また、スリムドライブ通販 では、ドライブのスペック一覧があり、UJ-870というのが同じサイズでベゼルタイプも同じであることがわかりました。
このため、UJ-870の価格を比較し、安いところで購入しました。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

DD-WRT V24 SP1 がリリースされたそうです。

2ちゃんねるの 【無線LAN】DD-WRT【強化ファーム】3 を見たところ、DD-WRT V24 SP1 がリリースされたそうです。

DD-WRT v24 SP1 を確認すると、機能追加と新ハードウェアのサポートが行われたそうです。
ただ、WZR-AMPG144NHなどのMarvellがまだサポートされないのが、残念でした。

各機器のバージョンアップは、時間のある時に行う予定です。

PageTop

WZR-AMPG144NHのDIAG2回点滅が発生する現象に関して

WZR-AMPG144NHの故障品を入手しました で、DIAGが2回点滅のWZR-AMPG144NHを入手しました。

BuffaloのダウンロードページでWZR-AMPG144NHを確認すると、下記の情報がありました。
ドライバ ダウンロード WZR-AMPG144NHシリーズ | BUFFALO バッファロー
ファームウェアVer1.48βに更新したWZR-AMPG144NH のWANポートにLANケーブルを接続しインターネットができる状態でファームウェアバージョンアップを行うと失敗してしまう可能性があります。
※バージョンアップに失敗すると、DIAGランプが2回点滅し、WZR-AMPG144NHが正常に起動できなくなります。

ヤフオクにまたDIAG2回点滅のものが出品されていますが、この現象のものが多いのでしょうか。
しかし、この現象が発生してしまった場合、どうすれば回復できるのかが書かれていません。
まあ、ファームを書き換えるために入手しているのであまり関係ないですが、ファームの強制書き込みツールがあるのであればほしいところです。

PageTop

WZR-APMG144NHへのファームウェア書き込み4

WZR-APMG144NHへのファームウェア書き込み3 でOpenWRTのu-Imageをいくつか実行してみましたが、うまく動きません。

OpenWrt / Support for Marvell 88F5xx81 based routers によると、OpenwRTをwrt350v2で動かしているようです。
このため、OpenWRTをソースからコンパイルしてみることにしました。
OpenWRTベースでのクロスコンパイル1 と同じ手順でソースからコンパイルしてみました。

make menuconfigで、targetを Marvell Orionとしてコンパイルしたところ、エラーとなりました。
make cleanをしてから、次を実行してみましたが、make toolchain/installでエラーがでます
make download
make prereq
make tools/install
make toolchain/install

つづきを表示

PageTop

WZR-APMG144NHへのファームウェア書き込み5

WZR-APMG144NHへのファームウェア書き込み4 で、OpenWRTをMarvel Orionでコンパイルできました。

コンパイルで作成されたu-ImageをWZR-AMPG144NHで実行してみました。

openwrt-wrt350nv2-uImage を buf という名称に変更してtftpサーバーに配置し、u-bootからtftpbootコマンドにより読み込ませました。
その後 bootm コマンドで実行させたところ動き始めましたが、jffs2のエラーが発生して最後はKernel panicとなってしまいました。
openwrt-wnr854t-uImage を同じようにして実行しましたが、同じエラーとなってしまいます。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。