物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFoneraでのRC7に関する問題4

LaFoneraでのRC7に関する問題3 ではLaFonera+での検証でしたが、LaFoneraでの検証もしてみました。

インターフェースは、下記のものがあります。
ath0/br0/br0:0/eth0/lo/wifi0

macアドレスは、次のとおりです。
ath0
eth0とbr0とbr0:0が同じ

ClientBridgeモードでの構成は、下記のとおりです。
broot@LaFonera1:~# brctl show
bridge name      bridge id    STP enabled  interfaces
br0        8000.001884287160    no        eth0
                                    ath0

LaFonera+と同じように、eth0をブリッジから削除したところ、無線APと通信ができるようになりました。
root@LaFonera1:~# brctl delif br0 eth0
root@LaFonera1:~# brctl show
bridge name      bridge id    STP enabled  interfaces
br0        8000.001884287160    no       ath0

しかし、有線ポートが使えないため、あまり意味がない状態です。
このため、RC6.2に書き戻しました。

スポンサーサイト

PageTop

LaFoneraでのRC7に関する問題3

LaFoneraでのRC7に関する問題1 で書いたようにLaFoneraでClientBridgeモードでは、起動直後に無線通信ができない状態です。

無線関連の問題かどうかをLaFonera+で検証してみました。

無線モードをAPにしたところ、起動直後からPCと無線通信ができます。
無線モードをClientにしたところ、無線APと通信ができます。

このため、無線機能の問題ではなく無線モード:ClientBridgeの問題だと思われます。
ブリッジ設定を確認してみました。

Clientモード
root@LaFoneraplus1:# brctl show
bridge name  bridge id       STP enabled  interfaces
br0        8000.001884a16c64    no       vlan0
                                  vlan1

ClientBridgeモード
root@LaFoneraPlus1:# brctl show
bridge name  bridge id       STP enabled  interfaces
br0        8000.001884a16c64    no       vlan0
                                  vlan1
                                  ath0

つづきを表示

PageTop

LaFoneraでのRC7に関する問題2

LaFoneraでのRC7に関する問題1 で書いたようにLaFoneraでClientBridgeモードでは、起動直後に無線通信ができない状態です。

Web設定画面のセキュリティ>FireWallで、SPI Firewall を無効にしましたが、現象は変わりませんでした。
もっともClientBridgeモードでは、iptablesで設定を見たときに何も設定されていないので、現象が変わらないのはもっともです。

無線が使えるようにWeb画面で設定を保存・有効としたとき、シリアルコンソールには次のように表示されます。

つづきを表示

PageTop

LaFonera+へインストールしたRC7のネットワークに関して

v24RC7をインストールしてみました。 と同じ手順でLaFonera+にもRC7をインストールしてみました。

ネットワーク設定を確認すると、vlan0・vlan1が作成されていて、両方のポートが使用できます。
ath0/br0/eth0/lo/vlan0/vlan1/wifi0

ClientBridgeモードであれば、br0にvlan0とvlan1とath0が割り当てられています。
root@DD-WRT:~# brctl show
bridge name  bridge id       STP enabled  interfaces
br0        8000.001884a16c64    no       vlan0
                                  vlan1
                                  ath0

注意点としては、br0に169.254.255.1が割り当てられていないため、このIPでアクセスすることができません。このため、下記コマンドで設定する必要があります。
ifconfig br0:0 169.254.255.1 netmask 255.255.255.0

無線モードをAPにして、インターネット設定>インターネット接続>インターネット接続方法 で固定IPを設定したところ、WANポートとLANポートをルーターのWAN/LANとして使えるようになっています。
これにより、ルーターとして使えるようになりました。
この場合、vlan1がbr0からいはずされ、WAN側IPが設定されています。

ただし、無線通信に関しては、LaFoneraでのRC7に関する問題1 のLaFoneraと同じような状況です。


PageTop

LaFoneraのRC7インストール方法に関して

v24RC7をインストールしてみました。 に書いたようにLあFoneraへのDD-WRTインストール方法が、RC7から変更となりました。

DD-WRTのフォーラムにも書かれているのを見つけました。
DD-WRT Forum :: View topic - Fonera won't upgrade to latest BrainSlayer 9414

いままでは、root.fsとvmlinux.bin.l7とコマンドを2倍実行する必要があったのですが、一回ですむようになったのは便利です。

PageTop

LaFoneraでのRC7に関する問題1

LaFoneraにRC7をインストールしました。
いつもどおりClientBridge設定を行って、WAP2+AESで暗号化しました。
APに接続して通信ができたので問題ないと思っていましたが、再起動したところAPとの通信ができなくなってしまいました。
無線は接続されている状態になっているのですが、IP通信が行えないという状況です。通信速度もきちんと11gのものが表示されいますし、電波強度も問題ありません。

いろいろと試したところ、再起動後に何か設定を適用すると通信ができるようになります。設定を保存するだけではだめです。
追記:設定の適用はどこでもいいのではなく、基本>基本か無線LAN>基本であれば通信ができるようになりました。
ath0をup/downしても、wpa_supplicant -b br0 -B -Dmadwifi -iath0 -c /tmp/ath0_wpa_supplicant.conf のプロセスをkillして再度実行してもだめです。

原因がわからないため、イーサネットコンバーターとして使うことができない状態です。

PageTop

v24RC7をインストールしてみました

v24RC7がリリースされていると聞き、早速ダウンロードをしようとサイトを確認しました。

Brodcom版は VoIP/VPN/stn/mini/micro がありましたが、megaというのが増えています。容量が6MB前後あるため、8MBフラッシュの機種でないとインストールできませんが、What is DD-WRT? - DD-WRT Wiki によるとVoIIP/VPN/Stnに機能分散されていたものがすべて入っているようです。
現時点では使うことができないので、いつもどおりのminiとSDカード用にstnをダウンロードしました。

LaFonera版は、root.fsとvmlinux.bin.l7 の容量は同じですが、fonera-firmware.bin が6MBになっていました。とりあえず三つともダウンロードしました。

つづきを表示

PageTop

Delegateによるsmtp認証機能の追加

smtpproxによるsmtp認証機能がまだ行えていません。
このため、別のソフトを探していたところ、Delegateによるsmtp認証の設定が見つかりました。

Article delegate/10267 (01Jul11) Re: SMTP AUTH
メールサーバの OP25B対策

これらによると、MYAUTH="username:password:smtp:smtpサーバー" と設定することで、Delegateが認証処理を行ってくれるそうです。

Windows版Delegateで次の設定を行いました。
delegated -P8025 SERVER=smtp://smtpサーバー:587/ MYAUTH="user-name:user-password:smtp:smtpサーバー" REACHABLE="smtpサーバー" RELIABLE=* ADMIN=メールアドレス

これで8025にtelnetをしたところ、問題なくメールが送信できました。


つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。