物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Buffaloルーターのフラッシュメモリ容量の確認

WZR-HP-G54・WZR-G144N・WLI-TX4-G54HPなどBuffaloの機器に、DD-WRTをインストールして使用しています。
しかし、フラッシュメモリの容量が4Mのため、PerlのインストールやOptWareのインストールができません。また、JFFSを使用しようとするとminiカーネルを使用するしかありません。

8Mフラッシュの機器を入手しようと考えているのですが、メーカーの仕様にはフラッシュメモリの容量が記載されていません。
DD-WRTやOpenWRTのSupportDeviceには、フラッシュメモリの容量が出ている機種もありますがすべてではありません。
フラッシュメモリ容量をどうすれば確認できるか考えていたのですが、Buffaloのダウンロードでサイトで公開されているファームウェアの容量からフラッシュメモリ容量が推測できました。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

PPPoEマルチセッション時のiptableに関して

PPPoEマルチセッションを使い始めした で、PPPoE接続時のサーバー公開用iptable設定を、スクリプトで行うように設定しました。

しかし、PPPoE接続が行われたときに実行されるスクリプトのため、PPPoE接続が行われない場合はこの設定が有効となりません。
これはPPTPサーバーの有効/向こうをした場合など、iptable設定が読み込みなおされる場合に発生します。
ただ、Web管理画面>管理>コマンド実行>Firewallスクリプトの設定はこのような場合にも読み込まれます。

このため、Web管理画面>管理>コマンド実行>Firewallスクリプトの設定に、サーバー公開用iptable設定をDDNS名で登録しました。
これにより起動時はDDNS名が解決できないのでiptableに設定が追加されませんが、DD-WRTがiptableの設定を読み込みなおす場合は、設定が有効となります。

これでDD-WRTの設定を変更しても、再起動をしたりPPPoEを再接続しなくてすむようになりました。

PageTop

livedoor WirelessのAPをFONアカウントで使えるそうです。

今日FONからのメールを見たところ、livedoor WirelessとFONが提携したそうです。
これにより、livedoor WirelessのAPをFONアカウントで使えるそうです。
PR:FONユーザーが、ライブドア・ワイヤレスの全アクセスポイントを利用可能に | FON Blog

livedoor Wirelessは11gで結構速度が出ていましたし、APからの電波も強いので有線インターネット接続が使えないときには便利に使っていました。
これがlinusであれば無料で使えるのは、とてもうれしいです。

しかも次のように書かれていますので、利用は無料・サービス開始時点では100箇所しか使えなくても、来週11日には2200箇所全てがFONアカウントで使えるそうです。
・利用料金は、2008年8月4日までは無料で実施、その後も無料サービスの継続を予定しています。また、利用可能なFON_livedoorのAP数は、サービス開始時点では100箇所で展開、その後順次拡大していき、2008年2月11日より2,200箇所全てのlivedoor Wireless のAPがFON対応となります。

また、次のように書かれており、livedoor WirelessのMACアドレス認証は便利だと思っていたので、これがFON APへの接続で使えるようになればとても便利です。
livefoor Wirelessは東京でしか使えないので、FON APをlivedorr Wirelessユーザーが使えるようになると、livedoor Wirelessへの加入者も増えると思います。もっとも、linusであれば無料なので、livedoor Wirelessに加入するよりlinusになる人が多いと思いますが。
・将来的には、livedoor WirelessユーザーがFONスポットへ接続ができる双方ローミングや、MAC IDを活用したWiFi端末単位での認証を実現することを両社で検討していきます。MAC IDでの認証を可能とすることにより、様々なWiFi対応機器からFONスポットへの接続が容易になります。

さらに次のように書かれていましたが、日本でエイリアンも使えたのですね。しかも期間限定で無料だそうです。
・本業務提携を記念して、本日2月4日~4月4日まで、FONスポットとFON_livedoorの全てのAPを、La Foneraを自宅に設置しなくてもFONの会員になるだけで無料にて利用可能となる「フリー・アクセス・キャンペーン」を実施します。

今後もFONはいろいろとやってくれそうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。