物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DD-WRTのminiバージョンでWindowsファイル共有を使用するには2

DD-WRTのminiのバージョンで、Windowsファイル共有を使用できるかやっていますが、samba-clientをインストールしたときに、気になるメッセージがありました。

Downloading http://downloads.openwrt.org/backports/rc5/samba-client_2.0.10-2_mipsel.ipk ...
これからすると、samba-clientのパッケージは、最新のrc6でなくrc5の分をインストールしているようです。
/etc/ipkg.confにrc5と記載されていて変更できないので、手動でパッケージをダウンロードして、インストールしてみます。

/tmp # wget http://downloads.openwrt.org/backports/rc6/samba-client_2.0.10-2_mipsel.ipk
Connecting to downloads.openwrt.org [195.56.146.238:80]
samba-client_2.0.10- 100% |*****************************| 132 KB 00:00:00 ETA
/tmp # ipkg install samba-client_2.0.10-2_mipsel.ipk
Unpacking samba-client...Done.
Configuring samba-client...Done.

しかし、rc5のパッケージと同じようにエラーが発生して使用できませんでした。パッケージを手動で取得・インストールしているので、ipkgが使用できないv23SP3最新のファームウェア(2007/03/04)でも試してみました。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

DD-WRTのminiバージョンでWindowsファイル共有を使用するには1

DD-WRTのStandard以上のバージョンでは、CIFSによるWindowsファイル共有を使用することができます。
しかし、WZR-HP-G54WLI-TX4-G54HPはフラッシュメモリが4MBのため、StandardバージョンだとJFFSを有効にしても、空き容量が不足してJFFSが役に立ちません。このため、miniバージョンをインストールしていますが、Windowsファイル共有が使用できません。
miniバージョンでWindowsファイル共有ができるかやってみました。

WLI-TX-G54HPを使用して行っていきますが、V23SP3のBeta晩をインストールしています。しかし、2007/03/04・03/02だとipkg updateが行えませんでした。このため、02/28に書き戻しました。

ipkg update・ipkg listで確認すると、Windowsファイル共有を使えるようにするパッケージは、次のものがありました。
samba-client - NetBIOS/SMB client
samba - NetBIOS/SMB file and print server
cifsmount - mount.cifs helper application for mounting remote CIFS shares
kmod-cifs - Kernel modules for CIFS support

つづきを表示

PageTop

LaFoneraへインストールしたDD-WRTのClientBridge設定

LaFoneraDD-WRTの2007/03/07版が出ていたので、バージョンアップをしたところ、無線モードにClientBridgeがありました。
イーサネットコンバーターとして利用する場合、NATが有効になってしまうClientよりも、ブリッジ接続になるClientBridge設定のほうが使いやすいです。

早速設定してみましたが、うまく動きませんでした。
無線APとは接続できているようですが、通信ができません。
Factory Defaults をしたり無線設定をやり直したりしましたが、変わりません。
どうやら、まだ動作しないようです。

PageTop

LaFoneraのredbootシリアル速度設定

LaFoneraへのDD-WRTインストール1に、あおしまさんからコメントをいただきました。
redbootの段階のシリアルの速度も115200に設定すればいいということです。
このため、redbootのシリアル速度を115200に設定しました。

ターミナルソフトを9600に設定し、redbootにアクセスします。
RedBoot> help にてヘルプを見ると、下記の項目がありました。
Set/Query the system console baud rate
baudrate [-b ]

早速、115200に設定変更します。
RedBoot> baudrate -b 115200
Baud rate will be changed to 115200 - update your settings
"E
画面が書き換わらなくなるので、ターミナルソフトを115200に設定すると、問題なく入出力が行えます。resetコマンドでLaFoneraを再起動して、設定が保存されているか確かめます。
RedBoot> reset
.. Resetting.

しかし、文字化けして入出力が正常に行えないため、再度ターミナルソフトを9600へ変更すると、正常になりました。どうやら変更した設定が保存されていないようです。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。