物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WLI-TX4-G54HPがつながらなくなりました

WLI-TX4-G54HPには、DD-WRT v24-sp2 (12/19/10) vpn-small - build 15943M NEWD Eko をインストールしていました。
特に問題なく動いていたのですが、1週間ほど間から無線APにつながらなくなりました。
再起動したり電源を入れなおしてもうまくつながりませんでした。

無線電波状況を見ると、WLI-TX4-G54HP側で正常時と同じですが、AP側ではシグナルが0になっていました。

WLI-TX4-G54HPの無線アンテナ選択機能に関して で無線アンテナの処理がおかしくなった事があったので、TX Antenna と RX Antenna を Auto から RIGHT に変更したところ、問題なく接続できるようになりました。

とりあえずこの状態で様子を見る事にしました。

スポンサーサイト

PageTop

WLI-TX4-G54HPとWHR-HP-G54ではdd-wrt v24SP1が問題なく使用できました。

LaFoneraとLaFonera+ではdd-wrt v24SP1が問題なく使用できました。 で書いたように、WLI-TX4-G54HPとWHR-HP-G54にdd-wrt v24SP1をインストールしてみました。

WLI-TX4-G54HPは、Web管理画面からアップデートを実行し300sからカウントダウン開始したのですが、アップデート処理をしたPCの無線接続が切れたため更新が正常に行われなくなってしまいました。

ping応答はあるのですが、Web管理画面にはアクセスできませんでした。
sshで接続できたのでrebootしたところ、起動しなくなってしまいました。

シリアルコンソールで接続したところ、ファームの読み込みに失敗していました。

つづきを表示

PageTop

WLI-TX4-G54HPのWANポートに関して

WLI-TX4-G54HPとWHR-HP-G54では、基本構成が同じです。
WLI-TX4-G54HPにはWANポートとBridge切り替えスイッチがありません。
Bridgeスイッチは無くても問題ありませんので、WANポート用のUTPモジュラージャックをつけたら、ルーターとして使えるかも知れないと考えました。

このため、基盤を比較してみました。左がWHR-HP-G54で、右がWLI-TX4-G54HPです。

WHR-HP-G54 WAN1 WLI-TX4-G54HP WAN1

WHR-HP-G54 WAN2 WLI-TX4-G54HP WAN2

WHR-HP-G54 WAN3 WLI-TX4-G54HP WAN3

基盤裏面には、WANポート用のコンデンサと抵抗がいくつか必要なようです。
また、基盤表面のBridgeスイッチのそばにも、コンデンサと抵抗がいくつか必要なようです。
C243
C240
FIL21
R148
R149
R150
LED11
R168

SW2
C242
R151
R152

単純にWANポート用のモジュラージャックをつけるのでは、WANポートが使えないようです。

PageTop

WLI-TX4-G54HPのJTAGアクセス

WHR-HP-G54のJTAGアクセスができるようになりました で、WHR-HP-G54にJTAGでアクセスできるようになりました。

同じ構成と思われるWLI-TX4-G54HPにもJTAGでアクセスできるかやってみました。
WLI-TX4-G54HPと同じオプションで実行したところ、-probeonly ではリセットがかかっています。

C:\Temp\tjtag\windows>tjtag -probeonly /noemw /fc:29

=================================================
WRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8-Tornado-MOD
=================================================

Probing bus ... Done

Instruction Length set to 8

CPU Chip ID: 00000101001101010010000101111111 (0535217F)
*** Found a Broadcom BCM5352 Rev 1 CPU chip ***

- EJTAG IMPCODE ....... :
00000000100000000000100100000100 (00800904)
- EJTAG Version ....... : 1 or 2.0
- EJTAG DMA Support ... : Yes

Issuing Processor / Peripheral Reset ... Skipped
Enabling Memory Writes ... Skipped
Halting Processor ... ...
Done
Clearing Watchdog ... Done

Manual Flash Selection ... Done

Flash Vendor ID: 00000000000000000000000000000100
(00000004)
Flash Device ID: 00000000000000000010001011111001
(000022F9)
*** Manually Selected a MBM29LV320BE 2Mx16 BotB (4MB)
Flash Chip ***

- Flash Chip Window Start .... : 1fc00000
- Flash Chip Window Length ... : 00400000
- Selected Area Start ........ : 00000000
- Selected Area Length ....... : 00000000



*** REQUESTED OPERATION IS COMPLETE ***


バックアップを実行したところ、2%程度でとまってしまいます。

つづきを表示

PageTop

WLI-TX4-G54HPの無線アンテナ選択機能に関して

WLI-TX4-G54HPにDD-WRT RC5をインストールした後から、通信が途切れたり遅くなったりする現象が、発生するようになりました。

WLI-TX4-G54HPへのDD-WRTの電波出力 で、V23SP3にした時に同じような現象が発生したので、送信アンテナと受信アンテナをRightに変更していました。

RC5で左右のアンテナ切り替え制御がうまく行われるようになったのかもしれない、と思い送信アンテナと受信アンテナを自動に変更したところ、問題なく通信が出来るようになりました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。