物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

機械式時計のぜんまいの巻き方

腕時計は仕事柄や、ベルトで腕に巻く、腕に重りがつく、などが合わず、使っていませんでした。

昔から懐中時計に憧れがありましたが、ポケベルや携帯で時間を見ることができたので、購入するまでにはいたっていませんでした。

とはいえ、そこそこ年もとったので時計の一つも持ち歩こう、と思い懐中時計を購入しました。


購入するに当たっては、金色だと適さないシーンがあり、スケルトンだと文字盤が見にくいなどから、機械式、背面からムーブメントが見える、文字盤が黒、銀色、頑丈(ミリタリータイプ)、蓋が無い、などをもとに検討しました。

下記の二つに絞られたのですが、グリシンのほうは品切れで購入できないため、ゼノウォッチのほうにしました。
GLYCINE/グリシン/F104
ZENO WATCH/ゼノウォッチ/3533-al-matt
3533-a1matt-600-1.jpg3533-a1matt-600-2.jpg

良さそうなのが他にもいくつかあったのですが、ムーブメントが見えないなど、条件を満たさなかったりしました。


暗いところで見るためにスーパールミノバが針と数字に塗布されていますが、懐中時計ためポケットに入れっぱなしなので、たいてい蓄光されていません。
昼間明るいところに置いておくとある程度見えますが、最大に蓄光するとこんなにはっきり見えるそうです。
3533-a1matt-300-1.jpg

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。