物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ひかり電話機器->WZR-HP-G54(PPPoE)構成でひかり電話機器にアクセスするには

ひかり電話機器->WZR-HP-G54(PPPoE)->PCという構成で使用しています。

ひかり電話機器の管理画面を開く場合、ひかり電話機器に直接PCを接続しないといけないのが面倒です。
接続変更しないでもひかり電話機器の管理画面にアクセスできるように、WZR-HP-G54にインストールしたDD-WRTの設定を変更しました。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

WZR-HP-G54のDD-WRT v24RC4で問題発生

ルーター接続した時の通信速度WZR-HP-G54DD-WRT v24RC4のWAN側設定をPPPoEに変更しましたが、その時無線LANが使えなくなってしまいました。

無線設定は残っていますが、WirelessのTX側がすべてエラーとなり、RXが0のままです。
WAN側設定をDHCPに戻しても通信できないままです。

また、ADSLでIP電話を使用している関係で、WAN側Up帯域を512kにしていたので、QoS機能をoffにしようとしましたが、再起動するとonに戻ってしまいます。

つづきを表示

PageTop

WZR-HP-G54のDD-WRTをv24RC4にしました

明日Bフレッツが開通となるため、まだRC4ですがWZR-HP-G54のDD-WRTをv24にアップグレードしました。

tinyproxyが動作しており、起動スクリプトとFireWallの設定変更がして有りますが、デフォルト設定にしなくても問題なくアップグレードかやっていました。

設定のバックアップとtinyproxyの設定ファイルをバックアップしてから、Web画面のファームウェアアップグレードで、設定をリセットしないを選択して実行しましたが、UpdateFailedと表示されてしまいました。

つづきを表示

PageTop

DDNS設定をしました

インターネット側からWZR-HP-G54にアクセスするのですが、IPアドレスが変わると変更後のIPがわからないとアクセスできなくなってしまいます。このため、DDNS登録とDD-WRT v23SP2にDDNS設定を行いました。

使用するDDNSサービスは、知人が使っているwww.dyndns.orgにしました。
日本語の登録方法を調べるといくつか見つかりましたが、古い画面のものが先に見つかったので戸惑いました。さらに探すと、今の画面を照会しているところがあったので、そちらを参考にして登録しましたが、簡単に出来ました。

つづきを表示

PageTop

WZR-HP-G54にインストールしたDD-WRTがクラッシュ

WZR-HP-G54へ導入したDD-WRTに対して、QoSの設定をしていたらクラッシュしてしまいました。

イーサネットコンバーターの先のHDDレコーダー:RD-X6とVAIOの間でDLNA通信を制限し、ThinkPadとインターネット通信は、上記に制限されないようにしたいと考えていました。
QoSの設定は、Applications & Gaming>QoSでQoS SettingsのStart QoSをEnableにしました。
次に、MAC Priority に各MACアドレスを登録して、Priorityの設定をしていました。
しかし途中で無線で通信ができなくなり、有線で再起動しても無線が復活しませんでした。このため、電源を入れなおしたところ、DIAGランプ2回点滅状態になってしまいました。

シリアルコンソールで確認したところ、下記の部分でループしていました。
** Bad CRC
crc=8f stored=84
Flash type "MX29LV320T 2Mx16 TopB"
Main(bc3f8000) NVRAM is Bad!
Sub(bc3e8000) NVRAM is good
dst=bc3f8000 src=bc3e8000 len=32768
Erase of block 0x003f8000-0x003fa000 done
Erase of block 0x003fa000-0x003fc000 done
Erase of block 0x003fc000-0x00400000 done
Writing 0x8000 bytes to flash @0xbc3f8000 ...
flash_poll: timeout, read 0x3020, expected 0x3030
Write Retry (3) [ADDRESS src[bc3ee000] dst[bc3fe000]
flash_poll: timeout, read 0x3020, expected 0x3030
Write Retry (2) [ADDRESS src[bc3ee000] dst[bc3fe000]
flash_poll: timeout, read 0x3020, expected 0x3030
Write Retry (1) [ADDRESS src[bc3ee000] dst[bc3fe000]
flash_poll: timeout, read 0x3020, expected 0x3030
Write Retry (0) [ADDRESS src[bc3ee000] dst[bc3fe000]
Flash write fail.
Flash write failed
comare error at bc3fe000

しょうがないので、JTAGでアクセスして、-erase:wholeflash・-falsh:cfeを行いました。
電源を入れなおしたところ、通常のPMON状態になりましたが、IPでの応答が有りませんでした。このためWZR-G108でやったように、PC側でarp設定をしたところ通信ができるようになったので、tftpでファームウェアを書き込みました。

何でクラッシュしたかはよくわかりません。ただ、電源を入れなおした時が起動途中だったとすると、それが原因と考えられます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。