物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR2-G108の無線設定が反映されません

WZR2-G108にWZR-G144NのNICを取り付けて、DD-WRT v24-sp2 (12/19/10) vpn-small - build 15943M NEWD Eko をインストールしています。

このところ、再起動した場合に無線暗号化設定の方式がAESからTKIPに変わってしまうことが、時々起きるようになりました。
勝手に変わった場合、AESに変更して設定を反映させようとすると、またTKIPに戻ってしまいます。

複数SSIDを設定していたのでその影響かと思い、設定を削除したのですが、現象は改善しませんでした。
また、暗号化方式をWPA2からWPAにしたり無効にしたりしてから再度設定しても、現象改善しませんでした。

初期化してから設定すると、問題なくAESに設定できるので原因は不明です。

スポンサーサイト

PageTop

dd-wrt15200 での動作不具合

インターネット接続用ルーターとして、WZR2-G108にWZR-G144Nの無線NICを組み込んだ物を使用しています。
ファームウェアは、dd-wrt v24preSP2 svn14826 をインストールしていました。

svn14848、svn14853、svn15200 とリリースされていたので、最新の svn15200 をインストールしました。
しかしインストール後の再起動後、無線で接続できなくなりました。
有線経由で再起動したところ、無線で接続出来るようになりましたが、通信速度がかなり遅くなってしまいました。

VAIOのWindowsXPとThinkPADのWindows7を両方再起動したのですが通信速度は改善せず、Windows7ではDHCPによるIP取得が出来なくなってしまいました。

WLI-TX4-G54HPとWZR-HP-G54も同じバージョンにしたのですが、問題なく無線通信が利用出来ました。

以前、WZR-G144Nにv24SP1をインストールしたところ、正常に動作しなくなったことがあったので、ファームとの組み合わせかもしれないと考え、バージョンを落としていくことにしました。
svn14853 では現象が変わらず、svn14848 で正常に動作するようになりました。

PageTop

WZR2-G108のファーム書き換え

WZR2-G108の調子が悪かったのですが、OpenVPN設定を行った時にca.certが書き込めない、無線設定が一部変わってしまいもどそうとした変更が反映されない、などのもんだいがありました。

ファームウェアの変更を、mini->NEWD openvpn_jffs_small と変更したこともあり、設定をリセットして書き込みなおすことにしました。

dd-wrtでVPNとjffsを使用できるファームに関して で、NEWD・NEWD-2などがあることもわかったので、preSP2megaも含めて、EKO氏のbigファームなどいろいろと書き込んでみました。


まず、preSP2megaを書き込んだのですが、300sのカウントが終了しても再起動がかからず、さらに吸う粉末必要がありました。その後もNEWDbig・NEWD-2.bigを書き込んだのですが、jffsの空き容量は次のようになりました。
mega:576.00 KB / 252.00 KB
NEWDbig:1,920.00 KB / 1,596.00 KB
NEWD-2big:1,792.00 KB / 1,468.00 KB

NEWDbigであれば日本語表示なども使えるので、8MフラッシュのWZR2-G108ではjffsの空き容量を考えてNEWDbigを使用することにしました。
手作業で全て設定を入れて、インターネット接続ルーターとして再度使用を開始しました。


作業の途中で気がついたのですが、設定にSeamonkey2.0.4を使用していると、設定が反映されないなどの問題がありました。
IE8に変更したところ、問題なく設定が出来ました。SeamonkeyではWeb管理が面の日本語表示が文字化けする時が良く有るので、設定にはIEを使うのがよさそうです。
書き換える前のca.certや無線設定がうまく出来なかったのも、同じ理由かもしれないです。

PageTop

WZR2-G108の調子が悪くなってきました

インターネット接続用ルーターとして、WZR2-G108(WZR-G144Nの無線NIC)にdd-wrtをインストールして使用しています。
現在のインストールしているバージョンは、2009/12/28版のPreSP2です。
しかし、このところルーターをrebootコマンドで再起動した後に、設定が飛んだり起動しなかったことが何回かありました。

PreSP2は2010/03/23版が出ているので、これを上書きしたところ起動しなくなってしまいました。
電源を落としても状況が変わらなかったので、有線LANで接続して元IPでPingを流しっぱなしにしたところ、3回応答4回無応答を繰り返していました。

その後dd-wrtが起動したので見たところ、バージョンは上がっていました。
念のため有線LAN経由でファームを上書きしたのですが、同じ現象になりました。

起動時のtftpで2009/12/28を書き込んだのですが、再起動が何回か行われてから起動するなど、うまく起動しない状況は変わりませんでした。

どうやらハードウェアの調子が良くないようです。設定が一度飛んだこともあることから、フラッシュの調子が良くないのでしょうか。
また新しい機器を見繕って環境を作り直す必要がありそうです。

PageTop

無線仮想インターフェースではMACアドレスフィルタが効きませんでした

WZR2-G108(WZR-G144NのNIC)ではマルチSSIDが出来ました で、マルチSSIDによるPSPが接続できました。

今日、別のPSPをネットワークに接続するためPSPを設定したところ、dd-wrtのMACアドレスフィルタの許可設定にMACアドレスを登録していなかったのですが、接続できてしまいました。

無線LAN>無線LANセキュリティの無線LAN MACフィルタ設定を確認したところ、wl0 - MACアドレスフィルタしかなく追加ボタンも無いため、マルチSSIDの仮想インターフェース:wl0.1・wl0.2の設定をすることが出来ませんでした。

マルチSSIDの仮想インターフェース側は暗号化方式がWPA:AESなので、セキュリティ向上のためMACアドレスフィルタが有効と思っていたのでちょっと残念です。
物理インターフェースのwl0で設定したMACアドレスフィルタが、仮想インターフェースのwl0.1などにも反映されないものでしょうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。