物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Fon用Lafonera+freewlanの調整を行いました

Fon用のLafoneraですが、freeWlanをインストールして使っています。
バージョンは0.9.6aですが、PublicでもPrivateでも接続した場合にDNSサーバーとなるLafoneraが応答を返さないため、Publiceではログオン画面が出ない、PrivateではInternet接続が行えません。
0.9.7がリリースされていたのでバージョンアップしたのですが、状況は変わりませんでした。
しかも、PublicでもPrivateでも接続した場合にすぐに切断されてしまうようになってしまいました。


DNSサーバーの問題をチェックしたところ、次の情報が見つかりました。

Tips - FoNまとめwiki DHCPで渡すDNSサーバを変更
約定期日記::2009年8月31日 FON泥泥沼沼

これによると、Private側のDNSサーバーは、/etc/dnsmasq.conf にオプションを設定することでDNSサーバーを指定できます。
dhcp-option=6,208.67.222.222,208.67.220.220 例:OpenDNS

また、Public側では、/etcN/init.d/50chillispot の起動オプションを変更することで指定できます。
--dns1="192.168.18.1" \
--dns2="192.168.18.1" \

これらの情報を基に、Private側はInternet接続用ルーターを、Public側はPPPoEで受け取るISPのDNSサーバーを指定することで、問題なくDNSが利用できるようになりました。


0.9.7で無線lanが切断されてしまうのは、バグによるものとの情報がありました。
FreeWLAN - FoNまとめwiki
約定期日記::2009年8月31日 FON泥泥沼沼

このため次の手順で、0.9.6aに変更したところ、問題なく利用できるようになりました。
Directory Listing of /installer/ から下記の2ファイルを/tmpにダウンロード
addons-0.9.6a_full.tar.gz
install-offline.sh
install-offline.sh を実行
起動スクリプトや設定ファイルが上書きされるので、DNS関連を再度設定


Streakのソフトバンクが提供しているツール:Wi-Fiスポット設定 では、PublicのFON_APには自動ログオンされませんでした。

スポンサーサイト

PageTop

Fon用のLaFoneraが壊れました

Fon用のLaFoneraには、freewlanをインストールして使用しています。
金曜日にふと見ると、LEDが全て消えていました。ACアダプタを挿し直したり、別のACアダプタを使ってもLEDが点灯せず、シリアルコンソールをつないでもなにも表示されないため、壊れたようです。

純正ファームのままのLaFoneraがあるので、これを使用することにしました。
RedBootでtelnetが使用できるように使用としたのですが、out.hexを書き込んで再起動したところ、起動しなくなってしまいました。

RedBoot> fis load -l vmlinux.bin.l7
No image 'vmlinux.bin.l7' found
RedBoot> exec
Can't execute Linux - invalid entry address
RedBoot>

つづきを表示

PageTop

LaFonera2.0nがリリースされていました

久しぶりにFonのページを見たところ、USBポート・11n・LAN側4ポートというLaFonera2.0nがリリースされていました。
http://www.fon.ne.jp/fonera2n/

Amazonでの価格は、7,480円でした。
FON FONERA 2.0n (フォネラ 2.0n) FON機能搭載 無線LANルータ FON2303

LaFonera2.0が6,980円でしたから、1,000円アップで11nが使えることになりますが、実際のスループットがどのくらいになるか気になるところです。
ただこの価格になると通常の無線ルーターと同じぐらいになってくるので、最初のLaFoneraルーターに比べると簡単に買うことは出来なくなってきています。

とはいえ、OpenWRTが動く11nルーターで、フラッシュが有る程度大きければいろいろと楽しめるので、詳細スペックが知りたいところです。

PageTop

LaFoneraのPrivate側通信の制限に関して

PSP用に無線LAN設定を変更しました で、FreewlanをインストールしてあるLaFoneraのPrivate側をWPA-AESに変更し、PSPが接続できるようにしました。

Private側からは、インターネット・WAN側(上位ルーターLANセグメント)とも通信が出来るため、セキュリティ面からインターネットにのみ通信が出来るように設定することにしました。

Advanced>Network Settings のFirewall settingsには、Private -> WAN という設定が有ります。
Public -> Private と Public -> WAN がDenyに設定されており、Public側からはインターネットにしか接続できません。
Private -> WAN をDenyに変更したところ、インターネットにしか通信が出来ないようになりました。

ただし、LaFoneraのIPアドレス自体にはアクセスが出来るため、管理Web画面に接続することは可能です。
LaFoneraのIPとも通信が出来ないようにするには、iptableを直接調整する必要があるようなので、このままで様子を見ることにします。


PSPからLaFoneraへの接続がPublic・Private両側ともうまくできない場合が多々あるため、接続の安定性向上・セキュリティ向上などを考えると、dd-wrtでのマルチSSIDが使用できるようにしたいところです。

PageTop

LinksysやBuffaloルーターへのFonファームインストールに関する情報がありました

WZR-RS-G54にFonファームをインストールしてみました で、WZR-RS-G54にFonファームをインストールしましたが、その後次の情報が見つかりました。

市販のルーターをLa Foneraに - FoNまとめwiki
Linksys/ja - FON Wiki Beta
Linksys - FON Wiki Beta


Linksys/ja - FON Wiki Beta によると下記のように書かれています。

FONプロジェクト初期には,プロジェクトチームはLinksysやBuffaloの市販ルーター上で特別製のファームウェアを動作させていました。この特別製ファームウェアは現在も利用可能で、市販のルーターをFONスポットに改造することが出来ます。


これらのルータを使うよりLaFoneraのほうが安いのと、LaFoneraを既存ルーターのLAN側に接続できるため置き換える必要もないので、需要が少ないため現在はファームの更新をしていないのでしょか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。