物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

dd-wrt v24をインストールしたLaFoneraでのSDカードに関して

SanDiskの1G SDカードが壊れたため、新しくSDカードを購入しました。
KingstonのSD/1GBFEと、TranscendのTS1GSDCです。

OpenWRTをインストールしたLaFoneraにて試したところ、Transcendは認識しましたがKingstonを認識しませんでした。

dd-wrt v24をインストールしたLaFoneraにて試したところ、どちらも認識しませんでした。dd-wrtでは使えないのかと思っていたのですが、dd-wrtをインストールしたLaFoneraでは、コンデンサの取り外しを行っていませんでした。
LaFoneraへのSDカード取り付け1 で行ったようにコンデンサを取り外したところ、Transcnedは認識しましたがKingstonは認識しませんでした。

Transcendの1G SDカードを、Linux上でLinuxパーティションを作成してフォーマットしましたが、SDカードをmount出来ません。mountを/dev/mmcと/dev/mmc0のどちらを行ってもmountできません。
catでチェックすると/dev/mmcしかのみの反応があり、/dev/mmc0では反応がありません。

LaFoneraではうまく動作しなかったので、OpenWRTをインストールしたLaFoneraで試すことにします。

スポンサーサイト

PageTop

LaFoneraにインストールしたOpenWRTでは、Transcendの1GSDカードも使えませんでした

SILICON POWERのmicroSD 1G がLaFoneraで使えませんでした。 で、LaFoneraとOpenWRTでは、SILICON POWERのmicroSD 1G が使えませんでしたんで、Transcendの1G SDカードを試してみました。

しかし、SANDISKの1G SDカードは認識しても、Transcendの1G SDカードもSILICON POWERの1G microSDカードと同様に、認識しませんでした。

OpenWRTのmmcドライバは、DD-WRTのmmcドライバより対応しているSDカードが少ないようです。
OpenWRTのmmcドライバが更新させるまで、待つ必要があるようです。
TranscendとSILICON POWERのSDカードは、DD-WRTで試すことにします。

PageTop

LaFoneraへのSDカード取り付け用ピンヘッダを立てました

LaFoneraへのSDカード取り付け1 では、GPIO端子のスルホールが2mmピッチだったため、ケーブルを直接接続しました。

2mmピッチのピンヘッダを買ったので、ピンヘッダを取り付けてSDカードを接続するように変更しました。

LaFoneraGPIO1 LaFoneraGPIO2

LaFoneraGPIO3

これで、SDカードを別のLaFoneraに接続するのがかんたんになりました 、

PageTop

SILICON POWERのmicroSD 1G がLaFoneraで使えませんでした。

smtp認証機能が無い機器からのメール送信に挑戦13 で、SANDISKのSDカード1Gが使えなくなってしまいました。

perlパッケージのインストールやsmtpproxを動作させた時にOpenWRTが応答しなくなったため、電源を何回か入れなおしていました。
これにより、SDカードがおかしくなったようで、Linuxでfdiskによりパーティションを設定しても書き込めず、Windowsでもフォーマットが出来なくなりました。

このため、新しいSDカードを入手しようと考えました。
秋葉原に行ったときに、にSDカードとminiSDカード用のアダプタが付属したSILICON POWERのmicroSD 1G が、千円弱で売っていたので購入しました。

Linuxでfdiskをした後LaFoneraに取り付けて起動したところ、SDカードを認識しませんでした。
Hinzufügen eines SD-Kartenlesers an den Linksys WRT54G - DD-WRT Wiki には、SILICON POWERが無いので、ドライバが対応していないようです。

とりあえず携帯で使うようにします。

PageTop

WLI-TX4-G54HPへのSDカード取り付け2

WLI-TX4-G54HPへのSDカード取り付け1 で、WLI-TX4-G54HP+DD-WRTでSDカードが使えませんでした。

SDカードスロットに接続した状態で、gpio enable/gpio disableを実行して、導通と電圧をチェックしてみました。

AOSS SW前面側:gpio 0:SD2:2.6v:0.28v
LED1 R1:gpio 6:SD7:2.9v:0.28v
LED4 R4:gpio 3:SD5:2.9v:2.8mv
LED5 R5:gpio 1:SD1:3.05v:0.28v
参考
LED6 R6:gpio 7:3.2v:89mv

導通と電圧変動があるので、接続は出来ています。
ただ、LED4のgpio 3がgpio disable時の電圧が低いのが、気になるところです。

SDカードが使えない原因が、まだわかりません。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。