物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-G144Nの無線NICを別のルーターに取り付けできるかを見てみました

WZR-G144Nの有線LAN関係が故障したため、正常に使用できなくなっています。
無線NICに問題は無いため、11nが使用できるカードを別のルーターに取り付けて使用できないか考えていました。

WZR-AMPG144Nはまだdd-wrtが動かないですし、Openwrtも実運用ができるじょうったいではありません。
このため、WZR-HP-G54とWZR-RS-G54に取り付けできないか、確認してみました。

WZR-RS-G54の場合は、カードが長くて取り付けできませんでした。
wzr-rs-g54 nic


WZR-HP-G54の場合、表面に無線NIC・裏面にブースターが取り付けられています。
表面はコネクタの向きがWZR-RS-G54と逆なので、とても取り付けできません。
wzr-hp-g54 nic1wzr-hp-g54 nic2

裏面の場合はコネクタの向きと有線ポートコネクタの干渉が無いのですが、チップが出っ張っているため取り付けができそうに無いです。
wzr-hp-g54 nic3wzr-hp-g54 nic4
wzr-hp-g54 nic5

このため、この2機種にWZR-G144Nを取り付けるのは難しいようです。

スポンサーサイト

PageTop

WZR-G144Nが故障しました5

WZR-G144Nが故障しました2 で、LaFonera+をインターネット接続用に設定しました。
しかし、dd-wrtをインストールしたLaFonera+ではスループットが出ないので、WZR-HP-G54を使うことにしました。

フラッシュメモリがとんでいるので、
WZR-HP-G54へのDD-WRT導入3
 の手順でCFEを書き込みなおしてから、tftpでdd-wrt v24SP1を書き込みました。
設定をした後に設定をバックアップしてから電源を切ってみましたが、フラッシュがとぶことはありませんでした。このため、とりあえず交換しても使えそうです。

WZR-HP-G54ではmini-PCIスロットが、無線NICと増幅アンプ用に二つありますので、無線NICを二つ取り付けることが出来ます。
壊れてしまったWZR-AMPG144NHには、無線NICが11aと11nの2枚搭載されています。これが動けばWZR-HP-G54を11a/11n化できます。
しかし、WZR-AMPG144NHの無線NICはMarvellチップなので、ドライバが無く動きませんでした。

使用できなくなったWZR-G144Nは11nの無線NICが搭載されていますが、これはWZR-HP-G54と同じファームのWZR-G144Nで動くので、WZR-HP-G54に取り付けたところ、問題なく動作しました。
しかしWZR-HP-G54の筐体に入りきらないので、もとの無線NICに戻しました。

WZR-HP-G54をLaFonera+と入れ替えて、問題なく使用できるようになりましたが、フラッシュがとばないとは限らないので、オークションでDIAG2回点滅のWZR-AMPG144NHをもう一台入手していたので、OpenWRTかdd-wrtで使えるようにしたいところです。

PageTop

WZR-G144Nが故障しました4

WZR-G144Nが故障しました3 で、WANポートと無線LANだけの接続にしました。
この状態でテストをしましたが、現象は変わりませんでした。また有線ポートのLINKランプの状態も変わりません。

筐体をあけていたので、Switchのチップがすごく熱くなっていることが判りました。
WZR-AMPG144NHの1台でu-bootをつぶしてしまったので、その筐体から取り外したヒートシンクをSwitchとCPUチップに取り付けてみました。また、アンテナもWZR-APMG144NHのものを接続してみました。
WZR-G144N_antena

しかし、ヒートシンクを取り付けてもチップが熱いことは変わらず、現象も変わりませんでした。
このため、WZR-G144Nは使用できないものとしました。

PageTop

WZR-G144Nが故障しました3

WZR-G144Nが故障しました2 で、故障したWZR-G144NをLaFonera+と入れ替えたので、WZR-G144Nを使えるように出来ないか、いろいろとやってみました。

Switch周りがおかしいので、ブリッジ接続から有線LANを取り外すことで、WANと無線LANが問題なく使えないかと考えました。

無線APからクライアントブリッジー設定に変更しているので、ブリッジの構成は次のようになっています。
root@WZR-G144N:~# brctl show
bridge name bridge id         STP enabled  interfaces
br0       8000.0016012963cc  yes        eth2
                                  eth0

eth0が有線LAN、eth2が無線LANなので、brctl delif br0 eth0 でブリッジからeth0を取り外したところ、無線LANから接続が出来なくなりました。ブリッジIDがeth0のMACベースのものなので、その影響と思われます。

つづきを表示

PageTop

WZR-G144Nが故障しました2

WZR-G144Nが故障しました1 で書いたとように、インターネット接続機器のWZR-G144Nが故障しました。
このため、別の機器を使ってインターネット接続することにしました。

現在手持ちのルーターは、次のとおりです。
LaFonera1:FreeWLANをインストールしたFONルーター
LaFonera2:dd-wrtをインストールしたデスクトップPC用イーサネットコンバーター
LaFonera3:OpenWRT+SDカード検証用
LaFonera4:純正ファームの検証用
LaFonera+1:dd-wrtをインストールしたHDDレコーダー用イーサネットコンバーター
LaFonera+2:純正ファーム検証用
WLI-TX4-G54HP:dd-wrtをインストールしたSDカード検証用、以前はHDDレコーダー用イーサネットコンバーター
WHR-HP-G54:dd-wrtをインストールしたSDカード検証用、ただしスループットが出ない故障品
WZR-HP-G54:dd-wrtをインストールしてインターネット接続に使用していた機器、WZR-G144Nと入れ替え、ただし電源を切った場合フラッシュが消える場合がある故障品
WZR-G144N:dd-wrtをインストールしたインターネット接続用、今回の故障品
WZR-AMPG144NH1:純正ファーム故障品、ただし現在OpenWRTもdd-wrtもインストールできない
WZR-AMPG144NH1:純正ファーム故障品、ただし現在OpenWRTもdd-wrtもインストールできない


つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。