物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WHR-HP-G54にWLI-TX4-G54HPのCFEを書き込んでみました

WHR-HP-G54とWLI-TX4-G54HPは、同じハードウェアに見えます。
このため、WLI-TX4-G54HPのCFEをWHR-HP-G54に書き込んでみました。

tjtagを使って、WLI-TX4-G54HPのCFEをWHR-HP-G54に書き込んだところ、3%のところで止まってしまいました。このため、Ctrl+Cで停止させました。
C:\Temp\tjtag\windows>tjtag -flash:cfe /noemw /fc:29
[ 3% Flashed] 1fc02110: 3c1b8040 277b2108 03fbd823
2200220a
[ 3% Flashed] 1fc02120: ^C

再度実行しても、同じところで止まってしまいます。
WHR-HP-G54のCFEを書き込んだところ、問題なく完了しましたが電源を入れなおすと、有線のランプが全て点灯したままで、シリアルコンソールに何も表示されません。
tjtagではアセスできますので再度書き込もうとしたところ、削除の途中で止まってしまいます。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

WHR-HP-G54のJTAGアクセスができるようになりました

WHR-HP-G54へのDD-WRT導入1 で、WHR-HP-G54にJTAGでアクセスしたときパソコンのCPUが100%となってしまいwrt54g.exeが応答しなくなる現象が発生しました。

いろいろと検索したところ、
Recover from a Bad Flash - DD-WRT Wiki
 Buffalo WHR-HP-G54 JTAG>9 に、WHR-HP-G54のJTAGアクセス時のオプションがありました。
wrt54g -backup:nvram /noemw /fc:29 というように、/noemw /fc:29 というオプションをつけるようです。

つづきを表示

PageTop

WHR-HP-G54のネットワーク構成に関して

WHR-HP-G54にDD-WRTをインストールしましたが、Buffalo純正ファームもDD-WRTも、ネットワーク構成に関して特徴がありました。

ifconfigにてネットワークインターフェースを確認すると、eth0・eth1しかなくeth2がありません。
WZR-HP-G54ではeth0・eth1・eth2とあり、WAN・LAN・無線とインターフェースが三つあるのとは違います。

MACアドレスは三つあるので、WAN側MACアドレスのインターフェースを探してみると、vlan1にWAN側MACアドレスが割り当てられています。

つづきを表示

PageTop

WHR-HP-G54へのDD-WRT導入3

WHR-HP-G54へのDD-WRT導入1でcfeのバックアップが出来たので、DD-WRTをインストールします。

v24RC5のStandardを、tftpでインストールしました。
tftp -i 192.168.11.1 put dd-wrt.v24_std_generic.bin

しかし、すぐに終わるはずの転送がなかなか終わりません。
Windowsタスクマネージャのネットワークグラフで見ると、100Mbpsの0.03%しか速度が出ていません。
とりあえずそのまま待ったところ、22分もかかりましたが、転送が完了し書き換えも正常に行われました。

つづきを表示

PageTop

WHR-HP-G54へのDD-WRT導入2

WHR-HP-G54の純正ファームで、PPPoEマルチセッションの設定をしてみました。

プロセスを見ると、pppoeプロセスが二つ動いています。
1453 0 436 S pppoecd vlan1 -c /tmp/ppp/pppoe0.conf -u guest@flets
2048 0 456 S pppoecd vlan1 -c /tmp/ppp/pppoe1.conf -u test@test

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。